Diary


2007-12-15(土)

_ [type2][parts]Gene Berg Shifter

最初に買ったパーツがGene BergのShifterでした.自分で取り替えた初めてのパーツでもありますね. 車買ってから一ヶ月間は純正シフターで,これがバックに入れるのがなかなかうまくいかなくてイライラ.
車買ったショップに相談したら,中古のシフター15000円でどう? って出てきたのがBergのシフターだったのです.
当時は確かMoonEyesで新品を30000円くらいで売っていて,中古は新品価格の半額ってのが相場でしたね. 今じゃ中古ですら30000円overしちゃったりするモデルなわけですが,当時はバブルはじけて貧乏だし,Gene Bergなんて知らないしで, 15000円でも相当無理した記憶があります.

で,このシフター良いかと聞かれてもこれしか知らないんでよくわかりません(^^;
まぁ,バックに入れるのは失敗しなくなりましたから当初の目的はバッチリクリアできてはいますね. 純正シフターには戻れねぇと強く思った記憶がありますし(笑)
あとは,コキコキ気持良くシフトできるし,純正より結構ストロークが短くなるので,タイム短縮に貢献していること間違いなしです.

数年ぶりに取り外してメンテしようかなぁと思ったのですが,アルミのシフトノブがくすんでいるのが気になってしまいました.
考えてみれば中古品を買ってから一度もケアしていなかったので,まぁこんなものかと思いつつハンドポリッシュすることにしました. どうせ暇だし(笑)

Berg Shifter Before Berg Shifter After
before, after
100番のペーパーからはじめて1200番まで.最後にピカールで磨いて終了. 青棒使ったほうがと思ったのですが,在庫切れでした...(-_-;

シフター調整 グリスアップして取り付けた後,調整.
これがまたキャブ調整の次位にいい暇潰しになります.
2本のボルトを緩めて,ちょっと動かして,絞めてシフトの感触を確認っての繰り返すだけの作業なんですが, 右に寄せたり左に寄せたり,それに上下を組み合わせて,ちょっと斜めにしてみたりと結構楽しめます(笑)

左ハンドル用シフターを右ハンドル車へ ちなみにこのシフターは左ハンドル用です.
わかっていたけど,当時は右ハンドル用なんてそうそうお目にかかれなかったと思います.
でも,イモネジ緩めてシフトノブを180度回転させれば写真の通り. ロゴが逆になるだけで実用上なんら問題ありません.

かれこれ17年の付き合いですが,まだまだ続くでしょう.というか高くて換えることできません(^^;
最近出たCSPのヤツは46800円也,絶対無理(笑)
適度にメンテ,調整して維持していきたいと思います.

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ トモカズ [なんだ・・・・ 売りの話かと思いましたよww バーグいいですね〜]

_ シラサワ [売るわけないじゃん(w 代り買う金もないってば. この手のものは馴染んでいるのがいいんで,同じのスペアで欲しいかも...]

_ トモカズ [ちょうどバーグシフター欲しいな〜。って思ったんですけど、そんな金あるならS/Aに回した方がねww]


2008-12-15(月)

_ [type2]バラしながら確認 その1

エンジンばらすのって,その気になればすぐです.バラすだけなら.
昨日やったエンドプレイやバルブリフトの計測はやんなくてもいいかもしれませんが,数値を知っておくことで,問題なさそうなのか,問題あるならどの辺にあるのか当りを付けることができると思います.
反面,組んでる最中に問題に気が付いたら...作業ストップしてパーツをオーダーするとか加工するとか必要で,これをステージ毎に行っていたら組み上がりがどんどん遅くなっちゃいます.
というわけで,呑気にバラします(笑)

マフラー フルフローライン
まずはマフラー外して,フルフローラインを外しました.
午前中,買い物に出かける前にヘッドスタッドにCRC吹いといて,午後からスタート.サックリ終了しました.
折れたら一気に仕事増えますから良かった〜
フランジ小さいのでラージフランジに変えたいところです.

ヘッドスタッドチェック中 続けてヘッド外します.
と言ってもいきなり外さないで,2.5kg/mトルクかけて問題ないことを確認して,さらに一旦緩めて1.5k, 2k, 2.5kg/mと段階的にトルクをかけていって問題ないことを確認.
緩める時は外側,締める時は内側のスタッドから対角にアクセスってのも基本ですね.

プッシュロッドエンド・ヘッド側 プッシュロッドエンド・リフター側 エンド比較
で,プッシュロッドもチェック.
左がヘッド側,中央がリフター側,右が一番酷いヤツの比較です.
そうです,リフター側が削れちゃっていることが判明しました.
8本中,6本は明らかにダメージありです.
頻繁に調整してもバルブクリアランスが広がる傾向がありましたが,理由がわかりました.
リフターかプッシュロッドエンドに原因がありそうなんだけど,このプッシュロッドは何セットも愛用していて,こうなったのは初めてです.
なので,次回は違うリフター使ってみようかと思います.
エンジンオイルがメタリックだったのもこれのせいですね.
プッシュロッドエンドだけ別の物に変えて検証してみたい気持もありますが,降ろす前にわかっていればなぁ.

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ Hi LiFE [Tunedだけに原因究明は難しそうだけど、頑張って下さい。 シラサワさん、エグいカム入れてるから、負担のかかる部分..]

_ シラサワ [リフターの受けがイマイチ合っていないと信じたいです. プッシュロッドとリフターともにScat製なんですがねぇ のんび..]

_ 鉄工所 [タペットは温間で取ってる?高圧縮、エグいカム、‘アルミ‘プッシュロッドなら温間でとらないとダメよ〜♪]

_ シラサワ [鉄工所さんが言っているのを見てから基本的に温間ですよ〜 でもいろんな面でまだまだです.最近妄想すら疎かになってし. ..]