Diary


2018-05-06(日) [長年日記]

_ [type2]GWの作業アレコレ

この時期は隙間業務で普段触れていないところを...
マフラーの錆び.

サッと落として,簡単にマスキングして,耐熱スプレーをプシューっと.
エンジン降ろしている時にやればいいのにと思うのですが,耐熱吹いたあとに熱与えたいんでまぁいいかなのです.

ここ数年KUREのコレ使ってます.
その辺で買えるのと思いのほか持ちが良いんで.

ジャッキアップして...

グリスアップ.
レース直前にやっちゃダメな作業なのでいまのうちに.
グリスニップルはトーションバー 4ヵ所,スピンドル 4ヵ所*2 にセンターピンとクラッチペダルで合計14ヵ所.
汚れるし,なかなか入らなくてグリス無駄に使うしでキライな作業です.
ニップル外して単体でチェックすることも.ちなみにニップルは9mmの工具が必要なんで6~15mmは1mmおきに持ってます.16mmはプラグレンチがあるんで22mmまで18mm以外はなにかしら持っていて登場回数もそれなりにありますね.

ホイルナットを左の安物から右のSway-A-Way製に交換.
作りはもちろん見た目もいいんで.
リアはずいぶん前から使っていたのですがフロントもコレにしました.
ちなみに貫通ナットが好きなんです.

走ってはジェットを換えて,ジェットを換えては走ってを繰り返してました.
でだ,AJを10番上げただけなのに,低速から力ないし回転の上がりも鈍い症状が発生...
出だしからおかしかったので速攻で帰宅.


キャブ外すかーと思いましたが,まずはプラグチェック.
左が2番,右が4番.
2番は異常です.こんなに酷い値は今回初ですね.
しかし良くプラグいかれます.前回は2017.02.19に3番が,その前は2016.10.16に2番が逝っちゃってますね.
普通は全部交換なんでしょうけど,今回もお亡くなりになった2番だけ交換w

リアのトーションカバーのボルトを交換.
頻繁に外しているんで安いボルトだと痩せてくるんですね.
怪しくなってきたのでSCMの10.9に.
結果はバッチリ,ホームセンターで売っているの使う気無くなりますね.

ホイルも磨いておきました.
レース前に余裕が無くなるとマズイので.

来週は何しよう.そろそろエンジン降ろしたくなってきたw


2018-04-30(月) [長年日記]

_ [TM]レリーズシャフト周りの組み込み

先週の続きで愛媛の村上さんから頂いたミッションの続き.
71 or 72とたった2年しか製造されなかったロットのようです.
レリーズ周りは手持ちの部品を寄せ集めで.
まずはスタッドの植え込み.
M7です.めったに使わないようなサイズですがミッション関係ではよく出てきます.
例えばノーズコーンのスタッド&ナットやシフトフォークの固定ボルトやクラッチケーブルの先端とか...
高年式のミッションに多用されていたりもするんでちょろっと保管しておくと出番があるかもですよ.

71 or 72の特徴として φ16のシャフト(細シャフト)に高年式用レリーズベアリングが使えます.
シャフトを低年式用にすればアーリータイプのレリーズベアリングを使うこともできますが,部品があるので高年式用で組みます(両方在庫あるw).
写真のシャフトはロングタイプでその他の部品を含めて国内で調達が可能ですね.

で,予備ミッションが2機.
安心してぶっ壊すことができます(ぇ
簡単にテストできないのがイタイところですがここのところミッションばっかりだったので,ちょっと寝かせようかと思います.次はレース終わったらかな.

で,物置兼工作室の掃除.
使用歴20年位ですが,床がペコペコいいます(塗装が剥げているところ)w
次は何しよう.


2018-04-22(日) [長年日記]

_ [TM]またTMを組んだ

まだ壊れていないし,予備も04/08に組み上げたので物置の掃除から.
久々にスッキリ...

もつかの間で再びミッションwww
愛媛の村上さんから頂いた物を形にしておこうかと.

デフはバラして計測済.
で,ギアキャリア分離前にピニオンシャフトの突出し量を備忘録として計測しておきます.
大体こんなもんですかねーでサックリ分離.


治具にセットしてバラす前にシフトフォークの確認を.
各ギアに入れつつシンクロハブの遊びを見ておきます.


メインシャフトとピニオンシャフトをギアキャリアから摘出する前にやっておくことは二つ.

  • シフトフォークのボルトを外す(1st/2nd用と3rd/4th用の2本}}
  • メインシャフトのサークリップを外す


プレスにセットしてメインシャフトを抜きます.
ピニオンシャフトは一緒に抜けます.
落っことさないように注意しながら慎重に.

抜けました.
3rd, 4thは歯数の多い高年式用ですね.
換えちゃうんですけど.


ピニオンシャフトのサークリップ外すしてバラします.
4thは1.04,3rdは1.48に交換します.
クロスギアなんで直径が大きくなるんですね,参考値として計測しておきます.

で,プレス使って組みます.
書くと簡単ですが最初どうやって組みか結構悩みました.
すぐ忘れるしw

続けてメインシャフト側を.
4thは何もしなくても外れます.
左が今回バラしているもので,ローラーベアリングがサビ汁で赤くなってます.
4thギアのハブとベアリングのレースが錆びてしまっていたんですね.

シンクロハブとスライダーにマーキングしてプレスで4thベアリングのレースとシンクロハブを抜きます.
サビのせいかちょっとビクビクしながら慎重に...
一度バラすとずいぶんと楽になるのですが,今回のような状態だとなかなか大変だったりします.

シンクロハブを抜くとメインシャフト側は完全にバラバラになります.
上が元々の3rd, 4thギアで下が交換するクロスギア.
ハブ溶接済です.
ギアとベアリング以外はそのまま組みます.
ダメだったら交換するスタンスはいつも通り.だいたい後で泣くんですけどねw


ピニオンシャフト側の4thギアの直径が大きくなるので,ギアキャリアを削ります.
青く塗った3か所をリューターで.
マグなんであっさり削れます.
ベアリングセットして,ピニオンシャフト突っ込んでクリアランスを確認してみたところ余裕ですね.
というか削り過ぎw

組み上げたメインシャフトとピニオンシャフトをマスキングテープでとめておいて...


プレス使って組みます.
メインシャフトを目いっぱい圧入してから,
ワッシャーとサークリップを軽くセットして,
ソケットを当てて押し込みます.
最後にウォーターポンププライヤでサークリップを締め上げておきます.

治具にセットしてシフトフォークの調整.
ピニオンシャフトの突出しを合わせておいて,各ギアに入れてスライダーの遊びが同じ位に合わせます.
と,書くと簡単なんですが何度もガチャガチャやりながら調整してます.
最後にシフトフォークのボルトの締め上げを忘れずに.2.5kg/mで締めてます.

ストーブ出してきてミッションケースを温めて...

合体.
バックギアに入れた状態でやるとギアを落とさなくていいかも.
ある程度ハマったところでデフ側からバックギアシャフトを回すとスプラインがあったところでストンをいくようです.
まぁ,失敗しても焦らず何度かトライしているうちにうまくいきます.

続けてリングギアを温めてデフと合体させます.
この辺からのことは04/08の日記に書いてあるのでサックリ飛ばしつつ...


バックラッシュ調整して歯当たりの確認.
歯当たりはバラす前に確認しているんで大丈夫なんですが,バックラッシュはサイドカバーとデフを変更しているのでシムをかえることすること3回で.
右側のサイドカバーもシムを何度か換えつつ...
と書くと簡単なんですが,その都度 デフ外してサイドカバー,ベアリングを外してシム換えて...を繰り返すわけで手首が痛くなりますね.
ノーマルデフだと軽いんで少しは楽かもしれませんが.
ちなみにシムはピッタリではなくてpreloadがかかって,素手ではデフが回せないくらいに調整してます.
良い子はマネしちゃダメですねw

最後にバラして本組みして,今日はここまで.
来週はレリーズシャフト周りを組んで終了かな.

予備ミッション2機目なんで安心感も二乗と思いたいところなんですが,ダメ出しすると2機のいいとことりして1機になるような気がしてなりません(笑)
車載でしかチェックできないのがイタイですね~